【モンゴル→日本】HushTug製品がお客様に届くまで!

こんにちは!HushTugの恩田です!

既にご存知の方も多いと思いますがHushTugはモンゴルの首都ウランバートルの工場で製品を作っているレザーブランドです。

モンゴルでの商品製作に関してブログで発信したり、完成した商品について日本のスタッフが解説することは多いですよね。

しかしその商品はモンゴルから日本まで、約1ヶ月もの時間をかけて運ばれています。

そこで、今回は普段はあまり注目されない「HushTug製品がお客様のもとに届くまで」をご紹介してみます!

 

モンゴルの工場から発送

工場で生産された商品は検品などの工程を経て、次の月の上旬まで保管されます。

ちなみに各商品ごと30項目以上の検品項目があり、工程ごとに合計3回の検品をしているそうです!

厳しい検品をクリアした商品のみが梱包され、トラックに積み込まれます。

発送は基本的には月に1度。大きなトラックの荷台はHushTugの商品でいっぱいです!

トラックへの積み込みが終わるといよいよ国と海を超える1ヶ月の旅が始まります。

 

鉄道で中国へ

以前はモンゴルの首都ウランバートルから飛行機で輸送していましたが、新型コロナウイルスの影響もあり飛行機の運行本数が少なくなってしまいました。

また、以前よりも生産量が増えたこともあり現在は鉄道と船を乗り継いで日本にお届けしています。

先ほどのトラックで運ばれた商品は20〜40フィートのコンテナに積み込まれます。

貨物を詰んだ列車はウランバートルから中国の港町、天津に向けて出発! 

引用:加藤運輸

ちなみに中国までの鉄道は広大な砂漠や草原の中を走っていきます。

この貨物車とは別のルートかもしれませんが、コロナウイルスが落ち着いたら有名なシベリア鉄道に乗ってモンゴル旅をするのもおすすめです!

天津(中国)からは船で日本へ

鉄道の旅を終えると商品が入ったコンテナは港に運ばれ貨物船に積み込まれます。

貨物船での長い船旅を経てついに日本に到着!

現在は横浜港に運び込まれています。

 

港から物流倉庫、お客様のもとへ

港に着いた商品は通関などの処理を経てHushTugと提携している関東の物流倉庫へ向かいます。

倉庫内でひとつひとつ仕分けされて…

お客様にお届けするためのダンボールに梱包されると…

それぞれお客様のもとへと配送されていきます。

ブログ執筆時の2021年4月現在はまだ予約注文でお待ち頂く商品が多く大変ご迷惑をおかけしております。

そんな中ご購入頂いたお客様やご検討頂いているお客様にはHushTugスタッフ一同感謝しております。

もちろんHushTugとしては今後も出来る限り早くお客様にお届け出来るよう努力していくのですが、このブログでご紹介したお届けまでの裏側を知って頂くことでお届けした商品により一層の愛着を持って頂ければ嬉しいです!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

HushTug 恩田

コメントを書く

すべてのコメントは確認後に公開されます。