#1無駄をすべて削ぎ落とした、究極のシンプル

ポケット・金具・ロゴ、そのすべてを削ぎ落とした削ぎ落としたシンプルなバッグです。 表面にはモンゴルレザー(牛革)を100%使用しています。

#1世界から高く評価されるモンゴルレザー

誰もが知るドイツの某高級車メーカーの運転席のシートに使用されたり、レザーの本場であるイタリアやスペインに多く輸出されるモンゴルレザー。その品質が世界から高く評価される理由は、モンゴルの気候にあります。

モンゴルの動物は夏は30℃、冬は-40℃という世界トップクラスの厳しい環境を生き抜きます。そのため動物の皮が頑丈に育ち、他国のモノと比べて環境に合わせる対応能力が高いと言われています。

#1レザートートに込めた11個のこだわり


製品に使用されるモンゴルレザーは「頑丈・丈夫」という特徴があります。使い始めは「ちょっと硬いな」と感じますが、使っていくうちに徐々に手に馴染んで柔らかくなってきます。


革には「クロームなめし」と呼ばれる加工をしています。傷・水シミに強く、色落ちしにくいので長きに渡ってキレイな状態でご使用いただけます。

 

モンゴルの動物は夏は30℃、冬は-40℃という世界トップクラスの厳しい環境を生き抜きます。そのため動物の皮が頑丈に育ち、他国のモノと比べて環境に合わせる対応能力が高いと言われています。

モンゴルの動物は夏は30℃、冬は-40℃という世界トップクラスの厳しい環境を生き抜きます。そのため動物の皮が頑丈に育ち、他国のモノと比べて環境に合わせる対応能力が高いと言われています。

モンゴルの動物は夏は30℃、冬は-40℃という世界トップクラスの厳しい環境を生き抜きます。そのため動物の皮が頑丈に育ち、他国のモノと比べて環境に合わせる対応能力が高いと言われています。

モンゴルの動物は夏は30℃、冬は-40℃という世界トップクラスの厳しい環境を生き抜きます。そのため動物の皮が頑丈に育ち、他国のモノと比べて環境に合わせる対応能力が高いと言われています。

モンゴルの動物は夏は30℃、冬は-40℃という世界トップクラスの厳しい環境を生き抜きます。そのため動物の皮が頑丈に育ち、他国のモノと比べて環境に合わせる対応能力が高いと言われています。

モンゴルの動物は夏は30℃、冬は-40℃という世界トップクラスの厳しい環境を生き抜きます。そのため動物の皮が頑丈に育ち、他国のモノと比べて環境に合わせる対応能力が高いと言われています。

モンゴルの動物は夏は30℃、冬は-40℃という世界トップクラスの厳しい環境を生き抜きます。そのため動物の皮が頑丈に育ち、他国のモノと比べて環境に合わせる対応能力が高いと言われています。

モンゴルの動物は夏は30℃、冬は-40℃という世界トップクラスの厳しい環境を生き抜きます。そのため動物の皮が頑丈に育ち、他国のモノと比べて環境に合わせる対応能力が高いと言われています。