#1ポケットに贅沢を忍ばせて

薄さわずか2cmのコンパクトサイズながら、必要な物がすべて入る贅沢設計。

最高峰の技術を持つ日本職人による精密な縫製の末に実現した、機能・デザインを兼ね備えた逸品。


#2表面すべてを本革で仕上げたフルレザー仕様

内外すべてに本革を施すことで高級感を演出。

細部までこだわり抜かれたそれは重厚感を纏った風合いを演出し、硬派で格式高い紳士にこそ相応しいウォレットへと昇華される。


#3世界から高く評価されるモンゴルレザー


レザーの本場である、イタリア・ドイツなどのヨーロッパ諸国にも多く輸出されるモンゴルレザー。

世界から高く評価される特徴の一つに、動物が育つ環境があります。



モンゴルの動物は夏は30℃、冬は-40℃という世界トップクラスの厳しい環境を生き抜きます。

そのため、四季がはっきりしている日本でも様々な環境に対応できる皮に育ちます。

加えて飼育環境も放牧なので、キレイな空気のなかで自然の草を食べて育ち、のびのびとした草原での生活が皮を丈夫にしています。



#4Lジップウォレットに込めたこだわり


1,無駄な装飾をすべてなくした、究極のシンプルを実現しました。シンプルだからこそ縫製・形の歪みなどを一切ごまかせないため、非常に精密な製作技術が求められます。



2,内外すべてにモンゴルレザーを使用。外から見えない細部にも高級感を演出しました。




3,革にはクロムなめしと呼ばれる加工をしています。「キズ・水シミ・色落ち」に強く、長く綺麗な状態でご使用頂けます。



下記では、HushTugが使用するモンゴルレザーがキズ・水シミ・シワにどれほど強いのか?を検証しています。




3,限界まで革を薄くすることにより、薄さわずか2cmのサイズを実現しました。加えて一般的な小銭入れと同じサイズ感なので、ポケットに無理なくすっきり収まります。




4,計7個のポケット(小銭入れ×1・カード入れ×4・領収書入れ×2)を完備。コンパクトながら必要なものがすべて入り、お札も二つ折りで入れられる贅沢設計です。




5,金具には世界から高く評価される日本のYKKファスナー(EVERBRIGHT ゴールド3号)を使用。印象を引き締めるデザイン性はもとより、たっぷりの内容量でもスムーズに閉められるなめらかさを追求しました。




6,日本職人の手作業により、非の打ち所のない縫製・コバ塗りを実現しました。シンプルなデザイン故、一切のごまかしが効かないデザインのため、細部に渡って完璧を追求しています。




7,モンゴルレザーは使えば使うほど自分の手に馴染み、味のある唯一無二の存在へと育ちます。




8,小銭入れの高さを数mm単位で調整し、1円玉がちょうど出ないサイズに設計しました。財布内で小銭が散らばる心配はありません。




9,カードの出し入れをしやすいよう、数mm単位でサイズを調整し、内部をレザーの代わりにサテン素材で仕上げ、デザイン・機能性を両立させました。




10,小銭入れのマチをあえてひし形にカットすることで、可動域を広げて財布をガバっと開けるようになり、閉じた際にすべての切り口が平行となり綺麗なデザインを保てます。




#4製品サイズ


#5コラボ商品の販売に至った経緯

今回のLジップウォレットは、最高峰の技術を有する日本の縫製会社と、世界から高く評価されるモンゴルレザーを掛け合わせたコラボ商品です。


本製品の製作を請け負ったハンドバック鈴木社は、新型コロナウイルスの影響で受注数が半減し、かつ慢性的な後継者不足に悩まれており、廃業の危機に直面しておりました。


しかし、ハイブランドを含む数多くの製作実績・技術を有しており、世界に誇れる確固たる技術を持っていたのです。

そこで今回、世界から高く評価されるモンゴルレザーと、日本の優れた縫製技術を掛け合わせた商品を、共同開発することとなりました。


この企画は、世界最高峰である日本の縫製技術を後世へ繋ぐと同時にモンゴルレザーの魅力を世界に広めるために発足したプロジェクトです。


その希望を担う今回のLジップウォレットは、HushTugの自信作です。


存分にご期待ください。