【日本と違う?】モンゴルのコンビニ事情を紹介します

こんにちは!
HushTugのハリウナーです。

前回の私のブログから1ヶ月くらい過ぎましたが、日本の皆さん元気にしてますか?

モンゴルにも新型コロナウイルスの影響はありますが、HushTugの工場は普段通り生産を進めてられています。

今日はモンゴルについてもっと知ってもらうため『モンゴル国内のコンビニ事情』について書いてみようと思います。

 

目次

  1. モンゴルにあるコンビニは主に2つ
  2. モンゴルのコンビニでは何が買える?
  3. 「CU」が日本のコンビニと違う2つのポイント
  4. コンビニにもコロナの影響が…
  5. まとめ

モンゴルにあるコンビニは主に2つ

そもそもモンゴルで『コンビニ』というものが出来たのは本当に最近です。

モンゴルの首都ウランバートルですらコンビニが出来たのがここ数年のこと。

 

2018年にアメリカ発の「サークルK」というコンビニが出来て、その後は韓国発の「CU」というコンビニが増えました。

今、ウランバートルにはこの2種類のコンビニしかありません。

「サークルK」は2018年の4月にモンゴルに初出店、「CU」はその4ヶ月後の2018年の8月に営業がスタートしました。

今は「CU」が約70店舗で、「サークルK」が12店舗くらいでした。

両方とも首都のウランバートルのみで、まだウランバートル以外の県には出来ていないみたいです。

CUは70店舗ぐらいあるので、ウランバートルを歩いているとすぐ見つけることができます。特にウランバートルの中心街にはたくさんあるので買い物は困りません!

日本でも有名なサークルKはCUに比べると少ないですね。

 

モンゴルのコンビニでは何が買える?

ウランバートルにある最も多いコンビニとして「CU」をメインに話していきたいと思います。

ウランバートルのCUは日本のコンビニと同じようにコーヒーから食事、お酒まで色々買えます。

 

品揃えも日本のコンビニ(セブンイレブンなど)と変わらないくらいです。

もちろん販売してるものは違いますが、たまに日本の商品も販売されていたりします。

例えばカゴメの野菜ジュースもCUに売っていました!

大きい720mlが8,100₮ (312円くらい)、200mlのパックが2,550₮(99円くらい)で売ってました。

 

他にもウイダーinゼリーやラーメンなど日本の商品がありました。

CUは韓国のコンビニなので韓国のラーメンが多いですが、日本のラーメンもありますよ。

 

これは「サークルK」で買った出前一丁!

177円くらいで買いましたが、日本より安い?高い?

弟に食べさせてみましたが、美味しいと言ってました。:)

 

ファーストフードも色々あります。

バーガー、サンドイッチ、肉まんとか。 

大体で100円から200円くらいで買えます!肉まんは62円くらい。

日本と比べて安いですね。笑

 

「CU」が日本のコンビニと違う2つのポイント

モンゴルで最も多いコンビニ「CU」には日本のコンビニと違うところがあります。

 

1.店内で調理

CUではサンドイッチやホットドッグなどをオーダーするとレジの横にある鉄板などを使って調理してくれます。

日本でもレジのところにホットスナックを売っていたりしますが、目の前で作ってくれるのは中々無いと思います。

 

2.配達サービス

CUの特別サービスというと配達ですね。

私は日本に3年間くらい住んでたことがありますが、コンビニから配達というのは聞いたことがないです。(今はできてるかもしれないですが)

こちらの配達は2,000₮=77円くらいで出来ます。

380円(10,000₮)以上の買い物の場合はなんと無料配達があります。

CUの基本メニューです。(26円=1₮)配達時間:08:00-21:30

お酒も食べ物も配達してもらうことができます。凄いですね。

このサービスを初めて知ったときは私も驚きました。笑

(調べてみたらまだ配達対象が限られてて、お酒を売ってない店舗もあるみたいです。)

 

コンビニにもコロナの影響が…

普通コンビニは24時間営業ですが、今はコロナ対策で営業時間が制限されて朝7時から夜10時までになっています。

日本はそんなことはあるのかなー?ないと思いますが。

今モンゴルはコロナ対策として夜23時から朝6時までの時間の移動は禁止になってるのでコンビニもそれに合わせてるみたいです。(今の所2週間くらいの予定でずっとではないです)

コンビニなのに営業時間が22時までというのが予想外ですね!笑

まとめ

今回のブログではモンゴルのコンビニを紹介しました。

モンゴルといえば大草原とモンゴルゲルというイメージを持ってる人が多いかもしれないです。

そんな風にまだ遊牧民としての生活をしてる地域もありますが、ウランバートル市は日本や外国と変わらずコンビニやビルが建って普通の街の雰囲気になってます。不思議ですね!笑

でもウランバートルを少し離れれば遊牧民の生活を見れるし、大草原やたくさんの動物(遊牧民が育てる羊、牛、馬、ヤギ、ラクダ)を見ることが出来ます。

こんな感じで皆さんに実際のモンゴルのことを少しでも知ってもらえたらなぁと感じてます。

ぜひHushTugを通じてモンゴルに少しでも興味を持って頂ければ嬉しいです。

 

 

それでは今回はこの辺で終わりにします。

ここまで読んでくれてありがとうございました!

 

HushTug
ハリウナー

コメントを書く

すべてのコメントは確認後に公開されます。