#1モンゴルレザーと日本最高峰の技術を融合。HushTugの第二章が始まる

本製品は、HushTugのモンゴルレザーに、日本で縫製業を営むハンドバック鈴木社の技術を掛け合わせた、コラボ商品です。

細部に至るまで徹底的にこだわり、かつてない商品クオリティを実現しました。


#2無駄な装飾をすべてなくした、引き算の美学。

素材・品質に自信があるからこそ、不要なデザインをすべて削ぎ落としました。

※お届けする商品には既存のデザインを損なわない細かい変更を伴う場合がございます。


#3ヨーロッパ諸国にも輸出されるモンゴルレザーを贅沢に使用


レザーの本場である、イタリア・ドイツなどのヨーロッパ諸国にも輸出されているモンゴルレザー。各国から人気を集める皮の特徴の一つに、動物が育つ環境があります。



モンゴルの動物は、きれいな空気の中で自然の草を食べて育ち、のびのびとストレスフリーな生活を送っています。また、夏は30℃、冬は − 40℃という世界トップクラスの厳しい環境で暮らしています。



#4ラウンドジップウォレットに込めたこだわり


1,表面すべてにモンゴルレザーを贅沢に使用。フルレザーの仕様を採用することで、重厚感あるデザインを実現しました。




2,革にはクロムなめしと呼ばれる加工をしています。「キズ・水シミ・色落ち」に強く、長くキレイな状態でご使用頂けます。



下記では、HushTugが使用するモンゴルレザーがキズ・水シミ・シワにどれほど強いのか?を検証しています。




3,製品内部にもモンゴルレザーを全面に使用し、細部のデザインにもラグジュアリーな風合いを求めました。




4,両サイドには計12枚のカード入れ・計2枚の領収書入れを採用。デザイン・機能性を両立させた逸品です。




5,モンゴルレザーは使えば使うほど自分の手に馴染み、味のある唯一無二の存在へと育ちます。




6,ファスナーは日本製のYKKを使用し、細かい部分の縫製まで一つひとつ丁寧に仕上げました。




#4製品サイズ


#5コラボ商品の販売に至った経緯

今回のラウンドジップウォレットは、新型コロナウイルスにより、苦しい状況が続く日本の縫製会社と、世界から高く評価されるモンゴルレザーを掛け合わせたコラボ商品です。


本製品の製作を請け負ったハンドバック鈴木社は、新型コロナウイルスの影響で受注数が半減し、かつ慢性的な後継者不足に悩まれており、廃業の危機に直面しておりました。


しかし、ハイブランドを含む数多くの製作実績・技術を有しており、世界に誇れる確固たる技術を持っていたのです。

そこで今回、世界から高く評価されるモンゴルレザーと、日本の優れた縫製技術を掛け合わせた商品を、共同開発することとなりました。


この企画は、世界最高峰である日本の縫製技術を後世へ繋ぐと同時にモンゴルレザーの魅力を世界に広めるために発足したプロジェクトです。


その希望を担う今回のラウンドジップウォレットは、HushTugにおける現時点での最高傑作です。


存分にご期待ください。