【 超えていけ! 】HushTugのブランドロゴに込めた想い

こんにちは!HushTugの中島です。

今回はHushTugのブランドロゴが完成したので皆さんにご紹介したとい思います!

これまではHushTugをそのままブランドロゴとして使用していましたが、正式にロゴが完成しました。

HushTugが大切にしている想いを表現したロゴになっていますのでブランドロゴに込めた想いも一緒にご紹介していきます!

HushTugってどんなブランド? 

HushTugのことをあまりよく知らない方のために簡単にHushTugがどんなブランドなのかをご紹介します!

1.無駄をなくしたシンプルなデザイン

お客さま自身の魅力を最大限、引き出す製品を創りたいという想いからHushTugの製品は、あえてブランドを主張するようなロゴを表に出していません。 

また、いつまでも長く使って頂きたいという想いから流行りに左右されないシンプルなデザインを追求した商品展開をしています!

2.全ての情報をオープンに

HushTugでは「お客様に対し、誠実なブランドでありたい」という想いから製品に使用している素材や作っている工場、職人、製造過程のコストなどを全て開示しています。

全ての情報を包み隠さず伝えることで、お客様に安心してご購入いただけるブランドを目指しています!

3.無駄をなくした、製品の価格設定

HushTugの販売価格は、本革を使用する他ブランド様の1/2程度です。
それは劣悪な革を使っていたり、職人さんへの人件費を削っているわけではありません。

レザーの本場であるイタリアにも輸出される高品質なモンゴルレザーを使用し、人件費は細かく手間のかかる作業が多いため相場より約25%高い金額を支払い、部品はYKK製を日本から取り寄せています。

「品質は上げるが価格は抑える」

一見すると矛盾している両者を実現するために僕たちが選んだのが「工房の運営→商品の企画・開発→販売」をすべて自社で行い、材料費・人件費以外のコストを可能な限りカットするビジネスモデルです。

ブランドロゴに込めた想い

HushTugを立ち上げると決めたとき、周りからはこのような言葉を言われました。

「アパレル初心者でブランド立ち上げ?モンゴルで世界品質のカバン?無理に決まってるだろ」

それでも諦めずに今のHushTugがあるのは「他人に流されて、挑戦を諦めてたまるか」という強い想いとお客さまの応援があったからでした。

そんな経験があったからこそHushTugのブランドロゴにはこのような意味を込めています!

1.ダンボールを開封する瞬間を最高のものに

ぱっと見ると、箱の形に見えると思います。
僕らはECがメインなので、お客様にはダンボールで商品が届きます。
届いたダンボールを開けるとき、お客様が最もワクワクしている瞬間だと思います。

『 その瞬間を最高のものにしたい 』という想いからHushTugではモンゴル側も日本側も、お客様への感謝の気持ちを届けるため箱を開けて感動するような体験をしてもらえるよう努めています。

2.すべてを超えていこう

真ん中の黒い◾(四角)から、↗ ↙ このような矢印が出ており、◾は固定観念を表しています。

「どうせできないであろうという常識」などに囚われず、常識の外に飛び出していこう。
失敗を恐れず挑戦して、常識を超えていこうと想いを込めています。

また、◾を島国である日本と捉えると国を超えていこうとも捉えられます。
加えて、◾を今の時代と捉えると、過去や未来にも意識を向けて世代を超えていこうというメッセージがあります。

HushTugでは挑戦するすべての人の支えになれるようなブランドを目指しており、僕たち自身も常に挑戦するブランドでありたいという想いを表現しています。

最後に

今回はHushTugのロゴについて紹介しました!

HushTugが大切にしている『お客様への感謝の気持ち』や『挑戦し続けること』が表現されていてHushTugらしいロゴになっていると思います。

このブランドロゴはオンラインストアやInstagramのロゴに随時反映していきますのでお楽しみに〜!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

HushTug 中島

1 コメント

こちらのハッシュタグさんではマルチケースとボディバッグの2商品を購入させて頂きましたが、いずれも届くまでの間も届いた箱を開ける時もずっと楽しみでワクワクさせてもらってます!

これからも心躍る様な製品を楽しみにしてます!

鴨下 2021年 7月 02日 at 午前11:08

コメントを書く

すべてのコメントは確認後に公開されます。