モンゴルレザーの特徴

モンゴルの動物は夏は30℃、冬は-40℃という世界トップクラスの厳しい環境を生き抜きます。加えて、飼育環境が放牧なのでキレイな空気のなかで自然の草を食べて育ち、のびのびとしたストレスフリーな生活を送っています。HushTugでは、そのような環境で育った牛の皮を贅沢に使用した製品をお届けしています。

クロームなめしの特徴

HushTugの製品には、主に「クロームなめし」と呼ばれる加工方法で作られた革を使用しています。

耐久性を調べるために、弊社スタッフがモンゴルでHushTugの製品を半年間使用しました。モンゴルは-40度という極寒や、砂ぼこりが風で舞う環境なので、日本よりも厳しい環境であると言えます。

結果、使用中に少し水がかかったりしたりしましたが、月に一度のかんたんなメンテナンスのみで、特に目立った傷や汚れがつくことなく、キレイな状態で使用することが出来ました。

牛革の特徴

「革製品=牛革」というイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

牛革は使用できる革としての面積が大きいため、大きな製品を作ることに向いています。また、元々の革が厚いので、小物から大型バッグまで厚さを調整しながら作ることが出来る点が大きな特徴です。

このように、扱いやすく様々な製品に使用できることから、HushTugではモンゴルの牛革を用いて生産を行っています。

革工場情報

 

会社名 Mon ireedui LLC
アクセス Khan-Ukul district 2-khoroo Chingis avenue, DD-143, Ulaanbaatar city, Mongolia
会社概要

創業 2005年
従業員数 40名