【新製品開発シリーズ④】ブリーフケース1stサンプル完成!

こんにちは!HushTugの曲師です。

ついに新製品ブリーフケースの1stサンプルが完成しました!

今回は、ブリーフケースの特徴やこだわり、既製品ビジネスバッグとの違いについてご紹介します。

前回の記事【新製品開発シリーズ】の続きになっているのでまだ読んでいない方はこちらも読んでみてください。 

  1. 【新製品開発シリーズ①】ブリーフケースを企画・開発する様子を公開します!
  2. 【新製品開発シリーズ②】ブリーフケースの『サンプル』を作ろう
  3. 【新製品開発シリーズ③】ブリーフケースはモンゴルでどうやってつくられるの?

ブリーフケースの特徴

特徴についてご紹介する前にブリーフケースの1stサンプルをご覧ください。

かっこよくないですか?

社内でブリーフケースの写真を見た時は「かっこよ!」と声に出して感動しました。(笑)

というのも、ブリーフケースは今までの製品の中でもつくるのが難しいといわれており、どれくらいのクオリティでできるか予想できませんでした。

ですが、想像を超える完成度で驚きでした…。

それではブリーフケースの特徴を既製品のビジネスバッグと比較しながら説明します!

1. ハンドル根元に金具を使用

ブリーフケースでは金具を使用しています。

金具を取り付けることで高級感が増し、使用するときはハンドルが自立し、使わないときは折ることができるなどの機能性が向上します。

ビジネスバッグとの比較

ビジネスバッグに金具はついていません。

なのでハンドルは常に自立している状態になります。

 2. 四角い輪郭を強調

ブリーフケースは四角さを強調しています。

四角さを強調することでよりスタイリッシュになります。

スーツにもよく合い、堅実な印象を持たれるのではないでしょうか?

ビジネスバッグとの比較

ビジネスバッグは底から上に向かって狭くなっています。

ブリーフケースよりもややカジュアルで柔らかい印象となっています。

3. 底鋲がある

ブリーフケースは、出先でバッグを地面に置くことが多い営業マンなどに使ってもらうことを想定して底鋲をとりつけています。

HushTugは『究極のシンプル』をテーマにしており、今までの製品には底鋲を取り付けていませんでした。

なので、底鋲は今回初の試みとなります。

ビジネスバッグとの比較

ビジネスバッグに底鋲はありません。

底鋲があると、どうしても仕事のカバン感がでてしまいます。

なのでビジネス・カジュアル両方で使いたい方はビジネスバッグやトートバッグの方があわせやすいかもしれません。

一番のこだわり

それでは新製品ブリーフケースの一番のこだわりについてご紹介します。

輪郭を強調し、よりスマートに

先ほど、特徴でも説明しましたがブリーフケースは、スタイリッシュにするため、四角い輪郭を強調しています。

そのためにどうするか試行錯誤した結果、輪郭部分に玉縁(たまぶち)というものを採用しました。

玉縁は縫い合わせの部分に筒状の革のテープを挟みこんで縫う手法です。

玉縁を入れることでより立体感が増し、縁取りがよく目立つようになります。

もし丸みを帯びていたらこの色気はでなかったと思います。

さいごに

いかがでしたか?

今回は新製品ブリーフケースの1stサンプルをご紹介しました!

1stサンプルではチャックの色をゴールドにしたのですが、次はシルバーでの製作も検討しています。

また進捗があったら連絡しますね!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

HushTug 曲師

10 コメント

以前ビジネストートを購入させていただいて今とても重宝させていただいております。
私もブリーフケースのサンプルを見てとても興味がありいつもブログなどを拝見させていただいてます。
やはり私もサイズが気になるところで、A4サイズのものが収納できる大きさなのか気になります。
また肩から下げられるよう着脱可能なつり紐がついてると肩から下げられたら便利なので、ぜひそこもご検討いただけたら幸いです。

ゲル 2021年 9月 15日 at 午後04:02

以前トートバッグを購入させて頂き、重宝しております。
このブリーフケースのサイズをお教え下さい。
上で書かれている通り、A4が十分に収まり、合わせてノートPC用の仕切りがあれば買いたいです。
よろしくお願いいたします。

加えて、底鋲ようやく付きましたね!
ありがとうございます。
トートにも是非!

平林 2021年 9月 10日 at 午後03:20

すごくいいデザインですね。
昨年御社を知ってからビジネスバッグ、トートバッグ、サイドバックは購入しましたが、質の高さには大満足でした。
ビジネスバッグは型崩れが難点でしたが、ブリーフケース発売が待ちどうしいです。
一目惚れです。

TN 2021年 9月 10日 at 午後03:20
ビジネス用のカバンであれば書類を入れることが多いと思いますが、用紙の大きさは、ほとんどA4かA3です。

カバンの大きさは用紙のサイズを考慮して決めるべきです。中途半端な大きさの鞄は役に立ちません。

2021年 9月 09日 at 午前11:16
鞄の外側にも最低でも携帯電話が入る大きさ、出来れば長財布が入る大きさのポケットが欲しい。
大隅正勝 2021年 9月 09日 at 午前11:16

初めてメールします。
先日、レザートートを購入しました。まだ使用する機会が無いので、インプレはできませんが、
商品を手に取った第一印象は、「非常に丁寧に作られてるな」でした。職人さんの心意気が、
確実に商品に表現されている事を、実感できました。
ブリーフケース、素敵ですね!!
私の職種は、営業で無く製造なので、使用する機会が全く無いのですが、フォルムが素晴らしく、
正直「欲しいなぁ~」って見てました(笑)

大澤 淳也 2021年 9月 09日 at 午前11:16
とてもいいです
堀越 秀彦 2021年 9月 09日 at 午前11:16

とても気になります。大きさを教えてもらえますか?

東田 正樹 2021年 9月 09日 at 午前11:16
めちゃくちゃ欲しいです!
マックス 2021年 9月 09日 at 午前11:16
そのサンプル品でも良いのですぐ欲しいです!!
菊池翔 2021年 9月 09日 at 午前11:16

コメントを書く

すべてのコメントは確認後に公開されます。